「フラット35」優遇申請前倒し!

国交省は「フラット35」の1%金利優遇を当初の予定2011年12月末日から、9月末日までに短縮するとの発表がありました。
当初2年間継続とのことでしたが、非常に利用者が多く、予算6235億円をほぼ使い切る状況になっているようです。
「9月末まで」という言葉が先走っているのですが、9月末までのローン申込が1%の対象になります。
つまり、フラット35Sの申込を今年の9月末まで申込をしておけば、着工は10月でも11月でも、来年の10月でも1%の対象になります。
※ただし、買取仮承認(審査OKの通知書)が発行されてから、2年以内に完工し、融資が実行される必要があります
「9月末までに着工」,「9月末までに完工」ではありません。